読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来の彼女への備忘録。

君が生まれた日は、雨上がりで、もうすぐ春がくる、桜の開花宣言の日でした…。彼女が過去を笑顔で振り返れるように。未来の彼女への備忘録。第一子誕生をきかっけに、父親の日課として。

君が泣く理由は?

 

f:id:tsumugi-papa:20170324003941p:plain

 

いまスマホ

ママからのライン電話をみかえすと

夜中の3時41分になってるよ。

 

「病院来れる?きて」って

ママが不安そうに電話してきたんだ。

 

パパは、1時頃に寝たから、

寝てすぐだった。

蛍光灯も付けっ放しだったよ。

 

寝ぼけながら、ドキドキしながら

アクアを病院に走らせたよ。

 

雨は止んでたけど、なんか、

風もちょっと吹いてて

寒い夜だっよ。

 

病院につくと、看護師さんにママは

背中とお尻をさすってもらいながら

痛い痛いって言ってて

15分置きが、次第に10分置きぐらいに

ママが痛がる感覚が短くなっていってね

看護師さんに変わって、パパがママを

「大丈夫だよー」「がんばれがんばれ」って

ずっと励ましたよ。

 

ママのお腹からもう、

羊水がもれ始めてたから

つむちゃんも、はやく出て来たかったのかな?

 

気がつくと、カーテンの外は、もう

明るくなってて、朝の8時を過ぎた頃

このままだとママもつむちゃんも

大変だろうからって、先生が

点滴入れて、促進してくれたんだ。

 

パパもママも、ほんとは、お薬とか点滴は

あんまり好きじゃなかったけど、

つむちゃんとママが少しでも早く

楽になれるならって、先生に言われた書類に

サインしたんだ。

 

点滴がママの身体に入っていくと

ママは、さっきより大きな声を出して

痛い痛いって、

恐竜みたいなうめき声を出して

すごく大変そうだった。

 

9時ぐらいに分娩室に移って

いよいよ、つむちゃんとママの

本気の頑張りあい。

 

何度も何度も、助産師さんに言われて

ママも頑張ってたよ。

パパは、ママの枕元で、うちわを扇ぎながら

ママの汗を拭きながら、頑張れ頑張れって

言うだけしかできなかったけど。(^^;)

 

 

2017年3月22日。

9時47分。

つむちゃんの声がやっと聞けたんだ。

 

つむちゃん、こんにちは。

ありがとう。

ようこそ。

おつかれさま。

 

血まみれの顔と身体を

看護師さん助産師さんに拭いてもらって

つむちゃんはずっと泣きっぱなし。^_^

 

つむちゃんが泣いてるのは

嬉しいから?かなしいから?

不安だから?楽しみだから??

 

はやく、つむちゃんが泣く理由

笑う理由を、

パパにも教えてね。^_^

 

 

パパも結果、昨日も殆ど寝てなかったから

今日は、もう、すごく眠いよ。

 

頑張ったママと、つむちゃんの未来に

ひとり、お家で、カンパイしたから

なおさら、すごく眠い。

プラス、ちょっと久しぶりに酔っ払い。

 

つむちゃん、また、明日会いに行くよ。

 

あ、看護師さんに爪、ちゃんと切ってもらってね。

すごく伸びててびっくりしたよ。

自分で顏にきずつけちゃダメだよ。

女の子なんだからね。^_^

 

今日はここまで。

なんか、すこし酔っ払い。(^_^;)